ほうれん草

葉酸はどれくらいまで摂取できる?

葉酸は元々ほうれん草に含まれる成分として発見されました。
野菜に含まれる事から安全性も高く、妊婦や健康維持に役立つ効果も期待できます。
食事やサプリメントから摂取する事ができますが、いくら体に良い物でも過剰摂取はおすすめできません。

葉酸の1日あたりの摂取量目安は1日に200マイクログラムから900マイクログラムとかなり幅があります。
これは年齢や運動量によって必要量が異なるからです。
妊娠中は通常よりも多くを必要としますから、1日400から480マイクログラムを目安にします。
多少多めに摂っても、水溶性のビタミンですから吸収されない分は尿と一緒に排出されます。
しかし過剰摂取でのリスクも確認されていますから、1日の摂取量は自分に合った量を把握しておく事が大切です。

普通に生活しているだけでも1日に100から200マイクログラムは必要と言われています。
運動量が多いプロスポーツ選手や、肉体労働をする人は900マイクログラムは必要です。
ただし1日の上限が1000マイクログラムとされていて、毎日摂取する場合は上限を超えると過剰摂取となるので注意してください。

過剰に摂取すると、葉酸過敏症になる可能性があります。
症状はかゆみを伴う蕁麻疹、発熱、呼吸がしにくくなる等です。
妊娠中に葉酸を過剰摂取すると、不眠症やむくみ、赤ちゃんが小児喘息になるというリスクもあります。
妊娠中は葉酸が必要となるため、知らない間に過剰摂取になる事もあります。
1日にどのくらいの量を摂取しているのか把握しておく事が大切です。
食事からも摂取できますので、食事で多く摂取した時は、サプリメントを減らすなど調節していきましょう。

食事から摂取する量はごくわずかです。
ただしレバーに関しては多くの葉酸を含んでいますので、レバーを食べる時だけ注意していれば実際はあまり気にしなくても大丈夫なレベルです。
摂り過ぎが気になるようなら、レバーペストにする事で摂取量は減らせます。
サプリメントは数粒で1日あたりの摂取量をクリアできますので、飲みすぎないようにしてください。

葉酸は体に必要な物ですが、1日の上限は決まっています。過剰によるリスクもあるので撮りすぎないようにしましょう。