ほうれん草

先天性奇形の予防ができる葉酸

妊娠初期の妊婦に葉酸の積極的摂取を推奨しているのは、胎児の先天性奇形のリスクを軽減できるからです。
実際に葉酸を摂取した事で先天性奇形のリスクが軽減された事も確認されていますし、リスクがゼロではない以上、予防策を取っておく事は大切です。

先天性奇形といっても種類がいくつかありますが、赤ちゃんが胎芽から胎児になる時には細胞分裂を繰り返しカラダを作っていきます。
妊娠初期は赤ちゃんの脳や神経という重要な組織が形成される時期です。
この時葉酸が十分に足りていれば、細胞分裂もスムーズになり、奇形のリスクも軽減されます。
しかし不足してしまうと、細胞分裂がスムーズに行かなくなり、奇形の原因となってしまう事があります。
これが妊娠初期に葉酸が必要と言われる理由です。

先天性奇形には、神経管閉鎖障害、無脳症、口蓋裂、唇裂、ダウン症などいくつかあります。
イギリスで行われた検証では、サプリメントで摂取した妊婦と、摂取していない妊婦では、摂取していた妊婦には神経管閉鎖障害のリスクが72パーセントも軽減したという結果が出ています。
100パーセントではないところが気になりますが、これは遺伝などもあるため72パーセントでも相当高い事を示しています。

このため胎児の重要な部分が形成される、妊娠1ヶ月から3ヶ月目までは、葉酸の積極的摂取を推奨しています。
ただし妊娠が分かる2ヶ月頃は、既に胎児が成長しているため、妊娠する前からの摂取が理想とされています。

神経管閉鎖障害などの先天性奇形のリスクを軽減するには、1日に400マイクログラムの葉酸が必要とされています。
これは胎児の先天性奇形を予防するためだけでなく、妊婦自身の健康維持も含まれています。
妊娠すると通常よりも多くの葉酸が必要となるため、食事からでは量が足りません。
サプリメントなら含有量も豊富ですし、水で数粒飲むだけという手軽さもあって便利です。
先天性奇形の予防だけでなく、母体の健康維持にも欠かせませんから、積極的に摂取していきましょう。