ほうれん草

葉酸には便秘解消効果がある

葉酸といえば妊婦に欠かせない物というイメージが強いですが、妊婦以外にも役立つ健康効果がいくつかあります。
便秘しやすい方は葉酸の便秘解消効果が役立つはずです。
どのように作用するのか見ていきましょう。

元々はお通じが良く便秘とは無縁だったという場合でも、妊娠すると便秘しやすくなります。
妊娠とは関係なく便秘がちの人も、便秘を改善するのに役立ちます。

葉酸には造血作用があります。
母乳は血液から作られますから、授乳中に摂取すると母乳のでが良くなると言われるのも、造血作用のおかげです。
便秘の原因は人による違いもありますが、造血作用が血行を促進し、細胞の活性化や代謝を上げる事ができ、その結果内臓の働きが活発になります。
血行が良くなると体も温まるので、冷えも解消されます。
その結果腸のぜん動も活性化され、便秘解消効果も期待できるのです。

もちろん葉酸を摂取するだけではなく、カラダを冷やさないようにする、食物繊維を摂る、水分を摂る、適度な運動を取り入れるなど工夫も必要です。
粘膜を強化する作用もありますから、これも腸内環境改善に役立ち便秘解消に貢献できます。

妊娠すると便秘しやすくなるのはお腹が大きくなって腸を圧迫するという理由以外に、赤ちゃんに血液を送るためにより多くの水分を必要とするからです。
水分不足になるため、便が硬くなって便秘をしやすくなります。
水分補給も大切ですが、血液を作る作用も役立つのです。
妊娠中はホルモンバランスの変化も便秘の原因となりますが、ぜん動運動が正常化できれば便秘を解消する事ができます。

妊婦でも安心して飲める葉酸サプリメントには、食物繊維が豊富に含まれる物が多いです。
葉酸と食物繊維は便秘解消にも欠かせない物ですから、サプリメントを選ぶ時は両方をバランスよく含む物を探しましょう。
相性が良い成分は同時摂取をする事で、相乗効果が期待できるのもメリットです。

葉酸は便秘解消にも役立ちますから、元々便秘症の人や妊娠中の便秘にもメリットはあります。